ThinkPader9704P's Studio

ここは、ThinkPader9704Pの工房(Studio)で、主に創作物を公開したりしています。 しかし、更新する事は稀だったりします。

このブログは主にイラストなどの創作を中心にお送りしたいと思います。
しかし、更新頻度は非常に不安定なため、更新が停滞する場合が有りますが、死んでいませんからね。


更新情報


追記:2014年5月31日 午前12時48分
リンク集にへっぽこ文系プログラマの二次創作部屋の倉庫を追加しました。

2014年7月20日 午前1時18分
リンク集にへっぽこ文系プログラマの二次創作部屋の倉庫(R-18)を追加しました。

へっぽこ文系プログラマの二次創作部屋の倉庫(R-18)に小説2作品を追加しました。

2015年3月3日
本ブログのタイトル名を変更しました。

SS執筆を最近再開したのですが、ツイッター上ではイマイチ使い勝手が宜しくないので、本ブログでの公開に切り替えたいと思っております。






ツイッター上で時々呟いているミニSS(?)なんかは引き続き、ツイッターに上げていきたいと思っています。
多分ですが、そのミニSSを長編化させるかと思いますし……要は、私の気分次第といったところでしょうか。
それに続けて、今現在制作中のSSがありまして……まあ、某フォロワーさんのアイデアから出来たものだったりするのですが、これがねぇ……。

良い子が読んだら、性癖が歪む事間違い無しなので……公開場所を考えないといけないのがなぁ。





というよりも、前に行ったアンケート結果の方言娘が出るSSも早く書かないとなぁ……バイトとかあるから辛いんだよなぁ。



※MINOLTA α-7000のファインダーは前回の記事で紹介しましたが、今回はそのファインダー公開の情報とその他諸々を書いていきます。

今回は、前回のニコンのフラッグシップ機から打って変わって「ミノルタのフラッグシップ機」のファインダーを制作しました…といっても、しばらく前の話になりますが。

さて、前回のNikon F4のファインダーのフォーカシングスクリーンの線画が太すぎるのを反省して、今回のMINOLTA α-7000のフォーカシングスクリーンのスクリーンの線画を細めにしました。

で、流石にミドルクラスの一眼レフだけあって、表示されるイルミネーター類が少なくてすぐに完成してしまいました。

45
続きを読む

前回はNikon F4やF5のファインダーを紹介したかと思いますが、今回は趣向を変えてMINOLTA α-7000のファインダーを制作しましたので、そちらを紹介したいと思います。


しかし、何故敢えてのMINOLTA α-7000のファインダーなのか?

それは、単純に「偶には違ったメーカーのカメラのファインダーを制作したい」と思ったからです。

まあ、最初は「pixivに上げられているファインダー素材はいい出来だが、シャッタースピードやF値、測光形式を変更できないじゃないか」と思ったからです。

ええ、それに実在のモデルのファインダーが欲しかったのも一つの理由で有ります。

結果、このようにいくつものファインダーを作ることに為り、自己満足して後悔している感じであります。

続きを読む

↑このページのトップヘ